乳腺炎 赤み 治らない

乳腺炎による赤みが治らない場合について等

スポンサーリンク

乳腺炎とはその名の通りに乳腺に炎症が起きるという疾患で、主に授乳中の女性が発症すると言われています。
乳腺とは乳房の中にある組織の一つで、赤ちゃんのために作られた母乳を乳首に向かって運ぶ等の役割があります。
この乳腺に何等かの理由によって炎症が起こるのが乳腺炎ですが、主に化膿性タイプとうっ滞性タイプに分類する事が出来ます。
 前者の化膿性タイプとは乳腺に何等かの細菌が侵入・増殖する事で、乳腺に炎症が起きるタイプになります。
赤ちゃんに歯が生え始めると授乳の際に乳首を噛む事があり、これによって乳首に目には見えない小さな傷が出来ます。
この傷口から黄色ブドウ球菌等が侵入して乳腺へと辿り着き、乳腺組織の中で増殖してしまうのです。
 後者のうっ滞性タイプとは何等かの理由で、乳腺に母乳が詰まってしまう事が原因で乳腺に炎症が起きるタイプになります。
このタイプが発生する代表的な理由としては、普段から高カロリーな食事をしている、母乳の飲み残しがある等が挙げられます。

スポンサーリンク

 乳腺炎を発症した場合に現われる症状としては、乳房の赤みや痛み、しこりの発生や乳房が熱を持つ等が挙げられます。
状態がひどくなってくると乳房の赤み等の直接的な症状以外にも、38度以上の発熱等といった全身症状が現われる事もあります。
 乳腺炎の治療方法については発症の原因によって異なり、例えば化膿性タイプの場合には抗生物質の投与等が行なわれます。
うっ滞性タイプの場合は食生活の乱れ等が原因となっている事が多いので、それらを見直す事で改善する事が多いです。
 ちなみに乳腺炎を発症した人の中には乳房の赤みが、いつまでも治らないという症状に悩んでいる人も少なくないです。
このいつまでも治らない赤みは化膿性タイプによく見られる症状なので、早めに病院で相談するのが望ましいと言えます。
乳腺組織が化膿する事で内部に膿が大量に溜まるようになり、いつまでも赤みが治らない場合があるのです。
こうした場合には抗生物質の投与以外にも、患部を切開して中の膿を除去する手術が必要になる事もあります。

スポンサーリンク