乳がん 初期症状 背中の痛み

背中の痛みは乳がんの初期症状なのか

スポンサーリンク

最近背中の痛みが気になるけど乳がんの初期症状なのでは、と不安に感じている方もおられるかもしれません。
そこで、ここでは乳がんの初期症状についてお話しますから、背中の痛みなどが気になっている方もぜひ目を通してください。

 

 

【乳がんの初期症状】

 

乳がんの初期症状にはどのようなものがあるのでしょうか。
まず、乳房が異常に腫れてしまったというケースは乳がんの初期症状である可能性がありますし、皮膚にくぼみがある、乳頭がくぼんでいる、脇の下に腫れを感じる、乳房に痛みや発熱を感じるといったことも乳がんの初期症状としてはメジャーなものです。

 

 

【背中の痛みについて】

 

乳がんの初期症状かもと気にしてしまう方が多い背中の痛みですが、背中の痛みは乳がんの初期症状とは言えないでしょう。
乳がんの初期症状において背中の痛みを感じるという方はまずいないですし、乳癌とはまったく別の病気である可能性も高いです。
一度病院で診察を受けたほうがイイかもしれません。

 

 

スポンサーリンク

 

【乳癌の移転】

 

先ほど背中の痛みは乳癌の初期における症状ではないとお話しましたが、実は乳癌が転移してしまうとその限りではありません。
乳癌が進行してしまうと骨や肝臓、脳などに転移をしてしまうのですが、骨に転移した場合には背中や肩、腰などに痛みを感じてしまうのです。
ただ、いきなりこのような症状に陥ることはありません。

 

 

【早期発見がベスト】

 

乳癌は早期発見することで適切な治療を受けることができます。
現代の医療は随分進歩しましたし、癌の分野においても治療技術はどんどん発達しています。
乳癌でも完治させることは十分可能ですが、できるだけ早期に発見することに越したことはありません。
定期的に検査を受けることをおススメします。

 

 

 

乳癌における背の痛みなどについてお話しました。
初期の症状を飛ばしていきなり背中が痛くなるということはありませんから乳癌である可能性は低いですが、気になる方は一度病院できちんとした検査を受けることをおススメします。

スポンサーリンク