乳がん しこり 動く

乳がんはしこりが動く?早期発見が大切

スポンサーリンク

【年々増加する乳がん】
乳がんとは、乳房にある乳腺から発生するがん(悪性腫瘍)のことをいいます。
日本では年々罹患率が上昇しており、現在では生涯に罹患する人の割合は12人に1人と言われています。
これは1980年頃の人数と比較すると、およそ3倍にもなる数字です。
食生活の欧米化や初潮年齢が低下したこと、初産の年齢が上がったこと、子供を産む数が減ったことなどが原因と考えられていますが、はっきりとは分かってはいません。
罹患した人を年代別にみると、20代頃から少しずつ現れ始め、30代でその数は増加します。
そして、40代から50代でピークを迎えます。

 

 

【早期発見で、治癒率が高まる】
乳がんは早期に発見して早期に治療を開始することができれば、治癒する可能性が高くなるがんです。
乳がんは早期の段階では、ゆっくりと長い時間をかけて大きくなっていきます。
しかし、ある程度大きくなると急速に進行してしまいます。
そのため、早期発見が何よりも重要なのです。
早期発見には、自分で行うセルフチェックやマンモグラフィー、エコー(超音波)などの検診が欠かせません。
胸に少しでもしこりがあるように感じたり、しこりが動くような感じがしたら病院で検査を受けることが大切です。
残念ながら日本での検診率は高いとは言えません。
しかし、最近ではピンクリボン運動など乳がんに対する正しい知識を広め検診の受診を勧めるキャンペーンなども展開されるようになってきています。

 

 

スポンサーリンク

 

【胸にしこりを感じたら病院へ】
胸を触ってみて違和感を感じたら、しこりが出来ているかもしれません。
乳がんは胸の表面にできるため、触っていれば発見しやすいと言われています。
胸にしこりがあるからといって必ずしも乳がんというわけではありませんが、その危険もあるので早めに医療機関を受診することが必要です。
がんではない場合には、乳腺症や乳腺線維腺腫などの病気が考えられます。
乳がんのしこりの特徴は、触ると動くように感じることです。
ただ、感じ方には個人差があり、動くと感じる人が多いもののあまり動くと感じない人もいます。
また、がんが奥の方に出来ている場合には、しこりが動くと感じづらいようです。
それとは逆に、がんが表面に近い部分にできている場合には、動く感じがはっきり分かることもあります。

 

 

【乳がん検診の受診】
検診は、2年に1回の受診が推奨されています。
しこりが気になっていたり、動くような感じがしていたらそれよりも短いスパンで検診を受ける必要があります。
検診では、まず医師による問診や視触診などが行われます。
それから、マンモグラフィーやエコー(超音波)などの検査も行われます。
そこで、がんが疑われるような場合には、精密検査が行われることになります。

 

 

スポンサーリンク