乳癌 全摘出 入院期間

乳癌の全摘出と入院期間について

スポンサーリンク

【乳癌の全摘出の入院について】
乳癌と診断された場合、できるだけ速やかに手術をすることになります。
そのため、入院をして手術とその後の回復を図ることになるのです。
その入院では、全摘出に必要な検査が行われます。
乳癌手術に耐えることができる体であるのか、検査をするのです。
特に全摘出の場合は、慎重に検査をおこなうこととなります。
それは全摘出の場合は、麻酔を全身麻酔をすることとなるからです。
局所麻酔と全身麻酔では、体への侵襲が違ってきます。
そのため、安全に手術をすることができるように念入りに検査を行います。

 

 

【乳癌全摘出の入院中の経過について】
乳癌の全摘出を行うと、麻酔から覚めるまで、酸素や点滴などの治療を行います。
そして体の回復と共に、それらが解除されることとなります。
その回復力が早い人もいれば、遅い人もいます。
検査等で十分に回復していると言う状態になるまで、入院をします。
安静も必要となり、自分で身の回りのことができるようになるまで入院します。

 

スポンサーリンク

 

【乳癌全摘出の状態について】
乳癌手術後は、ベッドで寝たままの状態となります。
それは、酸素を投与していることと、安静が必要となるからです。
手術後は、食事を取ることができません。
そのため、点滴で水分や栄養を補給します。
また、トイレに歩くことができないので、尿道に管をいれます。
そして手術をした部位が、順調に回復するように、感染をしないように、傷口に管が入っています。
その管から、溜まっている血液などを排出するのです。
手術後の入院期間は、色々な意味で大変です。
その時、回復することができるように、入院期間中は我慢をすることがたいせつです。

 

 

【乳癌全摘出の入院期間について】
手術をすると、安静が必要なことで入院期間が1週間から2週間必要です。
その為、その間は回復することができるように、様々な検査が行われます。
入院期間は採血によって、その回復を見ることができます。
また、入院期間やその状態によって少しづつ安静度が解除されます。
入院期間は、歩くことができたら看護師さんなどの指導のもと、積極的にリハビリをしましょう。

 

 

スポンサーリンク