乳癌 初期 手術 入院期間

乳癌初期の手術と入院期間について

スポンサーリンク

【乳癌初期の手術】
乳癌初期と言うと、手術をしなくてもいいと思うこともありますね。
しかし、乳癌初期でもがん組織が体にあることから、その適応となることが多いです。
そしてそれは、がん組織を取り除く範囲によって違ってきます。
広範囲に取り除く必要がある場合は、大手術となるのです。
乳癌初期の場合は、そのがん組織だけを取り除くものとなります。
初期は乳房を全摘する場合と、温存といって乳房を残す場合があります。
それは、乳癌初期患者さんが最終的に決めることになります。

 

 

【乳癌の手術後の入院期間について】
乳癌初期であってもその手術後は、その後の観察が必要なことと、体力が弱っているので、入院をすることが多いです。
最近では、初期なので簡単な温存で、日帰りでおこなうことができる場合もあります。
そのため、初期であってもおこなう病院によって違いがあるのです。
そのため、自分はどのような手術を受けたいのか、どのぐらいの入院期間があるのか、ある程度情報として把握しておくことが大事ですね。
そしてその後の入院期間は、その患者さんのその後の状態によっても違いますが、大体1週間から2週間ぐらいとなっています。
温存の場合は、入院期間として数日で退院できることもあります。
温存を望む患者さんが増えているので、入院期間等を含めて希望をしたいという場合は、医師に相談をするといいですね。

 

スポンサーリンク

 

【入院期間におこなうこと】
乳癌で入院をすると、まず入院期間に必要な検査を行います。
それは、心電図であったり血液検査等です。
その結果によって、手術をおこなうことができる状態であるのか調べています。
手術が終了すると、体の回復を待って退院となります。

 

 

【退院後の生活】
退院をすると、無理をしてはいけません。
体力が落ちているので、身の回りのことは自分ができる範囲で行います。
その他の無理と思うところは、周りの人達の協力を得るようにしましょう。
その後は、定期的に病院を受診します。

 

 

スポンサーリンク