乳腺症 腕が痛い

乳腺症は腕が痛い?乳がんかも

スポンサーリンク

ひょっとしたらその腕が痛い症状は乳腺症ではないでしょうか。
なんか腕が痛い、だるい、そのような症状は、乳腺症にみられる症状なのでしょうか。
実際に、乳腺症ではなくて、もっと恐ろしい病気なのかもしれません。

 

【乳腺症とは】
乳腺症とは、30代から50代の女性に見られる、 良性疾患なので、そのような症状と言われれば、ひとまず怖い病気でなくてひと安心ということにもなるかもしれません。

 

乳腺症は、女性ホルモンのバランスが崩れることによって、乳腺に対していろいろな症状が起こり、結構簡単になってしまうものです。

 

【症状はどんな感じか】
その症状は、両側の脇に押されているような感じの痛みがあり、 オッパイが張っているような感じになります。 脇の下のリンパ腺が腫れ、しこりがあり、押せば痛い感じもあります。乳頭からミルク色だったり、透明の分泌物が出たりもします。 このような症状は、 生理前から多く起こり、生理の終了した頃には、和らぐ傾向にあります。

スポンサーリンク

 

【実際に乳がんが怖い】
しかし、その腕が痛い症状は、乳がんということはないのでしょうか。
中高年は特に、乳がんも心配になるような年齢です。ただし、乳がんは最近では若い人たちも、多くかかる病気として知られるようになって来ました。
若い人たちも、腕が痛いというとき、乳がんの心配もするべきではないでしょうか。

 

 

乳がんの症状は、乳房の左右の位置が違っていたり、 乳頭が陥落したていたり、 乳房の表面にくぼみが見付かったり、しこりがあるけど、痛みがなかったりします。
(ただし痛いという場合もあるようです)乳がんの場合は、しこりは固く、動かないケースが多いです。そして、乳がんにおいても、腕が痛い症状は起こります。乳がんの場合でも脇の下が腫れたり、 腕がだるい、腕が痛い症状があります。

 

 

 

だから、はっきりと言って、なかなか乳腺症と乳がんを素人目で、腕が痛いという判断だけで難しいとも言えます。
生理が去ると軽くなる場合には、乳腺症の可能性が高いですが、異変を感じたらなるべく早めに適切な治療を受けることが大事です。

 

 

スポンサーリンク