乳癌 しこり わからない 調べ方

乳癌のしこりの調べ方とわからない場合の対処方法

スポンサーリンク

【乳癌のしこり】
乳癌と言うと、まずしこりができるというのをすぐに思い浮かべる方が多いでしょう。
こうしたことをあらかじめ知っておけば、自分で調べることができますね。
自分で毎日、乳房を触って調べているという女性も増えてきました。
そして自分で触ることにより、それを発見して受診をするというケースも少なくないのです。
そのことを思うと、毎日確認することがとても大事ですね。

 

 

【しこりの調べ方とは?】
その調べ方として、乳房全体を見ることが大事です。
大体、よく乳癌になる部位としては、乳房の上半分の外側と言われています。
そのため、調べ方としてその部位を注意して、それを確認するといいですね。
その調べ方は、コリコリしている感じの場合もあれば柔らかい場合もあります。
また、その部位がはっきりとわからないということもあるのです。
そのため、自分で調べ方を知っていると言っても、限界がある事を知っておきましょう。
調べ方を知っていて、大丈夫ということはありません。
しこりがない乳癌もあります。
そのため、乳癌は必ずしこりがあると思うことも危険です。

 

スポンサーリンク

 

【しこりがわからない時は検診を利用する】
しこりがない乳癌もある事から、検診を受けることをおすすめします。
また自分で調べていて、それがわからないということもありますね。
わからないと言う人は、案外と多いです。
小さいものだと、わからないことがあります。
また乳癌の部位によっても、わからないこともあるのです。
そんな時には、検診することをおすすめします。

 

 

【しこりがわからない時の病院での調べ方】
しこりがわからない時、検診を受けるタイミングがなかった時等ありますね。
そんな時には、クリニックなどでも検査を行ってもらうことができます。
そのため、病院やクリニックなどを受診して調べてもらうことができます。
クリニック等を受診すると、その時に医師から直接話を聞くことが出来るという、メリットがあります。

 

 

スポンサーリンク