乳癌 お見舞い 品物

乳癌で入院中の人へのお見舞いとその品物について

スポンサーリンク

【乳癌で入院をすることについて】
乳癌で入院をする人のほとんどは、手術目的となります。
そしてその後に、放射線治療や抗がん剤治療をおこなうことが多いです。
そのため、入院をする人にとっては、とても辛い入院になります。
入院している時は、精神的、身体的にかなり落ち込んでいることになります。

 

 

【乳癌で入院をしている人への面会時間について】
乳癌で入院をしている人に、お見舞いに行くことがありますね。
その時、必ずおこなうことがあります。
それは、まず面会時間を守るということです。
入院患者さんは、安静時間があります。
また検査をする、手術を受ける患者さんが多いのです。
そのため、その時間を避けた時間にお見舞いを設定している病院が多いです。
そのことから、お見舞いに行く時には、その明快時間を確認してから行くようにします。

 

スポンサーリンク

 

【乳癌で入院している人へのお見舞いをしてはいけない時期】
乳癌で入院をしている人は、その状態によって面会をしてはいけない時期があります。
それはまず、手術前日や手術後3日間です。
その間は、身体的に辛い時期なので、お見舞いをすることはやめます。
また、抗がん剤治療をしているときも、やめたほうがいいです。
それは、その副作用が強く、その状態を見られてしまうことが、辛いからです。
そのため、乳癌で入院をしている人が、精神的、身体的に楽な時期にするようにしましょう。
お見舞いをする前に、家族に確認をするといいですね。

 

 

【お見舞いの品物】
お見舞いをするとき、何か品物を持参することがありますね。
それも、その入院しているその人の状態によって、品物を考えることが大事です。
治療を行っていない段階だったら、その品物として食べ物でもOKです。
また花が好きな人だったら、花を持参することによって、その品物で癒しを与えることができますね。
しかし、治療が始めると品物として、食べ物や花は持参することはダメなのです。
その品物を食べることができないことと、花の匂いが辛いことがあります。

 

 

スポンサーリンク