乳がん検診 結果 いつ

乳がん検診を受ける内容と結果がいつ来るのかについて

スポンサーリンク

【乳がん検診について】
乳がんは、早期発見により、治癒する可能性のある病気です。
そのため、乳がんになったらといって、悲観をすることはありません。
初期に見つけることができると、治療も楽になるので、早期発見が何よりたいせつです。
そんな時、自己診断をする方法もありますが、やっぱり一番は検診を受けることがいいですね。
検診を受けて結果を知り、自分の乳房の状態を知ることができます。

 

 

【乳がん検診はいつ受けるべきか】
乳がんは、誰でもなってしまう可能性があります。
そのため、乳がん検診をその時期になると受けることをおすすめします。
その時期は、基本として40歳以上が対象となっています。
そしていつというのは、検診を行っている機関に問い合わせを行うことによって、違います。
いつ行うかと言うのは、地域によって違うので、問い合わせをして行くことをおすすめします。
未婚の人は、その確率が高くなります。
そのため、いつ受けたらいいのか、自分は未婚であり心配と言う時には、直ぐに受けるといいですね。

 

スポンサーリンク

 

【乳がん検診の検査結果】
乳がんの検査を行うと、その結果がいつ出るのか気になりますね。
自分がそうかも知れないと思っている時には、できるだけ早く知りたいと感じるものでしょう。
そのいつ結果が出るのかについては、市町村によって違っています。
大体、10日間から一ヶ月ぐらいで送られてきます。
その結果をみて、精査目的という診断となっていると、再び検査を受けることになります。

 

 

【乳がん検診の結果後の対応】
乳がん検診を受けて、異常がない場合は、安心をすることができます。
そして次はいつかと思いますね。
それは、2年後に受けることが一般的となっています。
乳がん検診の結果で、乳がんの検査をもう一度受ける必要がある時、再び精査を行うことになります。
そしてその結果、乳がんの疑いがあると診断をされると、医療機関を受診します。
それは、いつということはできるだけ早いほうがいいですね。
早期発見、早期治癒となるので、いつかと思うことなくすぐにでも受診をします。

 

 

スポンサーリンク