乳腺炎 赤み しこり

乳房の赤みやしこり等の症状が現われる乳腺炎について

スポンサーリンク

乳腺炎とはその名の通りに何等かの理由によって、乳腺に炎症が起きてしまうという疾患の事を言います。
基本的に女性に発生する事がほとんどで、特に授乳中の母親に多く発生するとされています。
 乳腺炎は化膿性タイプとうっ滞性タイプの2種類に分類でき、それぞれで治療方法等に違いがあります。
一つ目の化膿性タイプとは乳腺組織に細菌等が侵入・増殖する事で、乳腺に炎症が起きてしまうタイプになります。
一番多いのが歯が生え始めた赤ちゃんに乳首を噛まれて小さな傷が出来て、そこから細菌等が侵入してしまうというパターンです。
乳首から侵入した細菌等はやがて乳腺組織へと辿り着き、そこで増殖をしてしまう事で発症してしまいます。
 もう一つの種類であるうっ滞性タイプは何等かの理由によって、乳腺組織に母乳が詰まってしまうというタイプの事を言います。
母乳が乳腺組織に詰まる原因としては、普段から高カロリーな食事をしている、母乳の飲み残しがある等が挙げられます。

スポンサーリンク

 乳腺炎を発症した場合に現われる症状としては、乳房の赤みや痛み、しこりの発生や乳房が熱を持つ等が挙げられます。
この時に発生するしこりは痛みを伴う事が多く、赤みについては乳房の広い範囲に現われる事もあります。
 乳房の赤みやしこりの発生等といった乳房に関する症状以外にも、状態が悪化すると38度以上の高熱が出る事も珍しくないです。
 乳腺炎の治療方法についてはタイプによって異なるため、まずは検査をしてどちらのタイプかを特定する必要があります。
行なわれる具体的な検査方法としては、超音波検査や乳腺のレントゲン検査、細胞診等を挙げる事が出来ます。
 検査の結果タイプが特定出来たら治療を開始する事になるのですが、まず化膿性タイプの場合には薬物療法を行なう事が多いです。
原因となっている細菌等を退治する作用を持つ抗生剤を投与する等、根本的に治すための治療が行なわれます。
 検査の結果うっ滞性タイプだった場合には、食生活や生活習慣等の見直しを行なう事で症状が改善する事が多いです。

スポンサーリンク