乳がん 症状 痛み 場所

乳がんの症状と痛みの場所について

スポンサーリンク

【乳がんの乳房の場所の痛みと症状】
乳がんは、初期の段階であると、症状として痛みを感じることがほとんどありません。
乳房のしこりを感じることがあっても、痛いということが少ないのです。
そのため、症状がないまま進行をすることもあります。
乳房にしこりがある段階で、すぐに対処をすることが大事です。
そして場所に痛みを感じると言う時は、乳房の近くにエクボのような皮膚の変化を見る時です。
その時、皮膚が赤くなり炎症を起こした状態のように見えます。
その時に、乳房の場所に痛みを感じることがあります。

 

 

【脇のリンパ節の場所の痛みと症状】
乳がんが進行すると、一番転移をしやすい場所として脇があります。
その場所が赤くなる症状があります。
またその後に、そこが痛いと感じることもあるのです。
腕を動かしたりした時に、そこに痛みを感じることがあります。
痛いと感じる時には、安静が必要です。

 

スポンサーリンク

 

【背中や肩等の痛みと症状】
背中が痛いと思った時、それは乳がんの症状の一つである場合があります。
しこりがあるだけではなく、そのように色々な部位の変化により、その疾患を発見することもあります。
通常はその場所について、筋肉痛かなと思いがちですね。
しかし、背中や肩が痛い等がある場合は、骨折によって痛いと感じているかもしれません。
骨折をしているかもと思った時には、直ぐに病院を受診します。
そして、その場所に対しての治療や、乳がんの治療が必要となります。

 

 

【乳がんの全身の痛みと症状】
乳がんが進行すると、全身の痛みを感じるようになります。
それは、乳がん組織がいろいろな所に転移をしているからです。
肺に転移をしている時には、呼吸をするたびに苦しい、胸に違和感を感じます。
また肝臓等の臓器に転移をしている場合は、全身の倦怠感があります。
その時には、歩くことができない、全身が黄疸で黄色くなるなどがみられます。
その状態は、身の置き場がないと思うくらい、辛くなります。
それは、末期の状態となります。

 

 

スポンサーリンク