乳がん リンパ節転移 症状

乳がんのリンパ節転移の症状とは

スポンサーリンク

乳がんは女性にとって怖い病気の一つです。
酷い場合には最悪死に至ってしまう恐ろしい病気である乳がんですが、ここでは乳がんのリンパ節転移の症状や対策などについてお話したいと思います。
参考にしてください。

 

 

【乳がんについての基礎知識】

 

そもそも乳がんはいったいどのような病気なのかということですが、これは乳腺から発生してしまう癌の一種です。
ホルモンに関連している癌として知られていますし、細胞の遺伝子異常が蓄積してしまうことによって発生するとも言われています。
ほとんどの乳癌は乳管から引き起こされる乳管癌だと言われています。

 

 

【乳癌の症状について】

 

乳がんの初期症状としてしこりが挙げられます。
しこりは乳腺炎でも起こりますが、乳腺炎の場合だとしこりに痛みが生じます。
乳癌の場合のしこりは痛みを伴わないことが特徴と言えるでしょう。
中期症状では乳房の痛みやしこり、リンパ節の腫れがあり、末期になると骨にどんどん転移します。

 

 

スポンサーリンク

 

【乳がんのリンパ節転移】

 

乳癌のリンパ節転移とは、文字通り癌がリンパ節転移してしまうことです。
この癌では乳房周りのリンパ節に癌が転移してしまうことがよくあります。
リンパ節転移したからといってすべて悪性になるわけではありません。
悪性度を確認するにはリンパ節転移の有無だけでなくさまざまな要素をチェックして判断します。

 

【リンパ節転移後の症状】

 

乳癌のリンパ節転移後の症状としてはリンパ浮腫が挙げられます。
リンパ浮腫の予防としては日頃から保湿を意識したスキンケアを行うこと、できるだけゆったりとした服装を選ぶことなどが挙げられます。
また、なるべく激しい運動をしたり無理をしないことも対策の一つと言えるでしょう。

 

 

 

乳癌の症状やリンパ節の転移などについてお話してきましたがいかがだったでしょうか。
女性にとって乳癌は怖い病気の一つですし、胸にできたしこりが気になっている方もいるかもしれません。
気になる方はできるだけ早く病院で診てもらうことです。

スポンサーリンク