乳腺症 石灰化 原因

乳腺症と石灰化の原因について

スポンサーリンク

【マンモグラフィ】
石灰化は、カルシウムによって起こります。
石灰化を起こすカルシウムとは、死んだ細胞が硬化したものです。
これが、乳腺についてしまうことで石灰になってしまうのです。
こうなっているかどうかは、マンモグラフィ検査を用います。
さらにこの検査から石灰化を通して、乳腺症なのか乳がんなのかを判別することができます。
しかし、乳がんと乳腺症を判断するのは紛らわしく、さらに検査機械の技術者や医師の知識なども影響してきます。

 

 

乳腺症は、病気ではなく、乳腺に関わる症状なども含まれています。
その一部に、石灰化があります。
しかし、乳がんであっても石灰化していることがあるため、乳腺症による石灰化なのか、または乳がんで石灰化しているのかをきちんと判断しなければなりません。
石灰化が発見された場合には、それが悪性であるか良性であるかさらに検査をする必要があります。

 

スポンサーリンク

 

【乳腺症の原因】
原因としては、はっきりとした原因はわかっていませんが、月経周期と関係性があるといわれています。
乳腺自体は生理周期にあわせて発育と減少を繰り返し、その過程で異常が発生すると考えられるからです。
原因として、乳腺はプロゲステロンとエストロゲンの影響を受けて発育していきますが、エストロゲンが過剰になる原因により乳腺の組織が異常増殖を起こして乳腺症を引き起こす可能性が指摘されています。
原因が分からなくても違和感があればすぐに診療する事が肝要です。

 

 

【症状】
乳腺症の症状としては、乳房が張ってしまうことや、痛み、そして乳房にしこりができます。
さらに、乳頭から分泌物が出るなどといった症状がが挙げられます。
この症状が強く現れるのは月経前です。
そして月経後には症状は和らぎます。
症状の強さにも個人差があるので、もし症状がでていたとしても一時的な体の不調として捉える場合も多くあります。

 

 

【乳がんのリスク】
乳腺症は病気ではありませんが、原因として乳がんの事を考えて違和感を感じたら医師へ診療をおすすめします。

 

 

スポンサーリンク