乳腺炎 症状 40代

40代女性における乳腺炎の症状とは

スポンサーリンク

乳腺炎は胸に痛みを感じてしまう女性の病気です。
最近胸に痛みを感じる、しこりがあるという方は乳腺炎かもしれません。
ここでは40代や50代の乳腺炎の症状などにすいてご紹介しますからぜひ参考にしてください。

 

 

【どうして40代で痛くなるのか】

 

40代の女性だと結婚して出産も経験しているでしょうし、乳腺も十分発達しています。
乳房にも張りがアップしていますし、サイズそのものも大きくなっているでしょう。
40代以上の女性でこの病気に悩まされている方は実にたくさんいると言われていますし、40〜50代女性の約6割にもあたる人がこの病気で悩んでいると言われています。

 

 

【主だった症状について】

 

40代女性の乳腺炎の症状ですが、乳房の痛みや張りなどが代表的な症状と言えるでしょう。
両方の胸に違和感や痛み、張りを感じるというケースもあれば右の胸だけ、左だけというケースも少なくありません。
また、指で触るとしこりが確認できると思います。

 

 

スポンサーリンク

 

【原因について】

 

40代女性の乳腺炎の原因ですが、ホルモンバランスの変化が大きな原因の一つと言われています。
40代というと更年期の前後となりますし、女性ホルモンが急激に減少しているような時期でもあります。
女性ホルモンが急激に少なくなってしまうことが原因でさまざまな症状を引き起こすようになります。

 

 

【治療の方法】

 

40代女性がこれから乳腺炎の治療を始めるのなら規則正しい生活を送ることが前提となります。
バランスの良い食事を心がけ、できるだけイソフラボンも摂取するようにしましょう。
痛みやしこりなどの症状がどうしても気になる、という場合にはできるだけ早めに病院で診察を受けることをおススメします。

 

 

 

40代女性の乳腺炎の原因や症状などについてご紹介しましたが、いかがだったでしょうか。
すべての女性がこの病気になってしまうわけではありませんが、更年期前後の女性に多く見られます。
日々の生活を見直し気になるときは病院へ行きましょう。

スポンサーリンク