乳腺炎 原因 未婚

未婚女性に多い乳腺炎の原因や特徴

スポンサーリンク

乳腺炎と呼ばれる病気をご存じの方もおられるかもしれませんが、乳腺炎は未婚の女性に多い病気の一つです。
ここでは未婚女性に多くみられる乳腺炎の原因や特徴についてご紹介しますから今後の参考にしてください。

 

 

【乳腺炎とは】

 

未婚女性に多く見られる乳腺炎とはどのような病気なのかということですが、これは細菌の感染によって乳腺が炎症を起こしている状態のことを指します。
代表的な症状としてはしこりや腫れ、発熱などが挙げられ、痛みを伴うケースも少なくありません。
症状によっていくつかの種類に分類されるのも特徴です。

 

 

【三つに分類される】

 

未婚女性に多いこの病気は急性化膿性乳腺炎と慢性、うっ滞などの種類があります。
急性化膿性は乳頭から細菌が感染したことによって起き、乳腺に慢性的な炎症が起きている状態が慢性乳腺炎となります。
うっ滞性は母乳の通りが悪くなることが主な原因で、乳房全体が腫れてしまいます。

 

 

スポンサーリンク

 

【原因について】

 

原因としては乳腺が細菌に感染することが挙げられます。
急性化膿性の場合だと乳頭にできた傷から化膿菌が侵入することによって感染するケースが多く、慢性性だと乳管の中に角質が溜まることで細菌による感染が起きてしまいます。
うっ滞性は乳管内に乳汁が溜まってしまうことで細菌感染が起き乳腺に炎症を生じさせてしまうことが原因です。

 

 

【病院で診察を】

 

さまざまな原因で引き起こされる未婚に多いこの病気ですが、いずれにせよ病院で診察と治療を受けなくてはなりません。
ムリをしてもイイことはまったくありませんから、なるべく早く病院で診察をしてもらい治療を受けるようにしましょう。
出産した病院で治療を受けると安心かもしれません。

 

 

 

未婚女性にも多く見られる乳腺炎の原因や特徴についてご紹介しましたが、いかがだったでしょうか。
未婚女性にも出産を経験した女性もかかる可能性のある病気ですし、少しでも違和感や痛みなどを感じたら病院で治療を受けましょう。

スポンサーリンク