乳腺炎 繰り返す 原因

辛い乳腺炎…繰り返す原因とは?

スポンサーリンク

【乳腺炎とは?】
乳房の中には母乳の通り道である乳腺炎があり、いろいろな原因によって母乳の出口である乳管が詰まり乳房に腫れや痛み、発赤など症状が現れる事を言います。

 

 

進行し重症化すると、乳房全体に熱をもち赤く腫れる、または硬いしこりができる人もいます。
また同時に風邪でもないのに38℃以上の高熱が出たり、関節痛、頭痛を引き起こす事もあるため、乳腺炎と思ったらなるべく早く原因を取り除き放置しない事が大切です。

 

 

【繰り返す原因】
乳腺炎を繰り返す原因として考えられるのは、油っぽい物や糖分が多い食事です。
高脂肪・高カロリーの食事は母乳を詰まらせる原因となります。
ついつい食べてしまっているものが繰り返す乳腺炎の原因になってしまっているかもしれません。
また母乳は血液からできているため、あまり水分を取らない場合や水分の摂り過ぎも母乳は詰まりやすくしてしまいます。

 

 

他にも繰り返す原因はあります。
たとえば、ついつい楽だからと授乳をいつも決まった方向からしていること。
こうすると一部に母乳が溜まり乳腺炎を繰り返す原因になるため、横抱き、フットボール抱き、縦抱きなど色んな方向から左右均等に授乳をする事が大切です。

 

 

また乳首の傷から細菌が入ることで症状を引き起こすこともあるため、乳首は清潔にし使用するパットやタオルなどはこまめ綺麗なものに変える事。
疲れや冷えも乳腺炎を繰り返す原因になるため、赤ちゃんと一緒に昼寝をしたりお母さんも体を休める事と体を冷やさないようにしましょう。

 

 

母乳が出やすいのに、外出や人の訪問などで授乳間隔があき乳腺炎を繰り返すことも…母乳の分泌が良い方は授乳間隔に気をつけましょう。

 

スポンサーリンク

 

【対処法は?】
初期の段階で乳房にしこりがあり少し痛む場合は、入浴などで体を温め血行をよくし、しこりの部分を乳頭に流すように優しくマッサージし、体が温まっているうちに授乳すると症状がよくなります。

 

 

乳房が腫れて熱をを持っている場合は、保冷剤などで冷やす事で症状を軽減する事ができます。

 

 

しかし熱出た場合は、血行をよくすると母乳の分泌が促進されるため母乳が溜まり症状が悪化してしまうため、すぐに病院にかかりましょう。

 

 

【何度も繰り返すことがないように…】
乳腺炎を予防するには、母乳が溜まらないよう赤ちゃんに授乳し母乳を出し続ける事が大切です。

 

 

母乳が溜まるのを防ぐために、授乳の時は左右のおっぱいからバランスよく、また色んな方向から授乳するようにし、母乳を詰まらせる食事は控え、野菜や魚中心の食事を心がけましょう。
甘い物が食べたい時は洋菓子より、和菓子を選ぶなど工夫しストレスをためないようにする事も大切です。

 

 

スポンサーリンク