乳腺炎 赤み いつまで

乳腺炎の赤みはいつまで残るのか

スポンサーリンク

母乳育児を行っている場合に乳腺炎を発症してしまうと言うトラブルがよく見られます。
この乳腺炎とは、母乳が排出される際に通過する乳腺が詰まり内部で母乳が溜まってしまう事で発症します。
乳腺が詰まる事で母乳が排出されない状態が続くと、母乳が内部の組織に染み出しリンパ管や血管に影響を与える事で炎症を引き起こすのです。
乳腺炎の初期症状では胸を押したり振動を与えると痛みが感じられます。
そして更に症状が進行すれば悪寒や関節痛、発熱が見られる様になり、炎症を引き起こしている乳腺の部分にしこりや赤みが出てきます。
このしこりの内部には母乳が溜まっている状態であり、赤みは内部の組織に炎症が起きている事を意味します。
発熱は38度を超える高熱になると言った場合も珍しくなく、しこりや赤みのある部分に強い痛みを感じる為に授乳が困難になると言った場合もあります。
この病はまだ初期症状の段階であれば赤ちゃんに溜まっている母乳を吸い出して貰う為に、頻繁に授乳を行う事で改善されるケースも多いのですが、内部で炎症を引き起こし痛みが強いと言った場合には、母乳外来で対処して貰う必要性が出てきます。

スポンサーリンク

乳腺炎の原因となるのは、脂質の多い高カロリーな食事により母乳の質がドロドロの状態になってしまう、授乳の際に飲み残しがある、授乳間隔が空いてしまう、下着による胸の圧迫、疲労やストレスの蓄積等が考えられます。
授乳中は脂質の多い食品は控える、授乳間隔を開けすぎない、飲み残しを防ぐ為には様々な角度から赤ちゃんに母乳を吸って貰うと言った注意が必要がです。
母乳外来へ受診すれば助産師のマッサージにより乳腺の詰まりを取り除いて貰えるケースもあれば授乳中にも服用が可能である内服薬を処方して貰う事が可能となります。
そして完治までにいつまでかかるのかは症状の進み具合によって異なりますが、母乳外来でマッサージを行ったり内服薬の使用を始めた後から徐々に症状が落ち着いてきたと言う事が殆どです。
しかしマッサージや内服薬の使用を行ってもしこりや赤みがいつまでも残っている、熱がいつまでもぶり返すと言った場合には、内部に膿が溜まっている事が考えられますので再度病院を受診する必要が出てきます。

スポンサーリンク