乳腺炎 しこりない 痛い

乳腺炎?しこりないけど 痛い症状は?

スポンサーリンク

しこりないこの症状は果たして乳腺炎なのでしょうか。
乳腺炎の症状が実際にどのようなものか把握出来ないから、ひょっとしたら別の怖い病気かもと不安になってしまうものです。

 

 

【乳腺炎の症状 しこりないかも】
乳腺炎の症状と言えば痛いとか、高熱が出るとか言ったものイメージするかもしれません。しかし、乳腺炎の場合でも痛い症状も、高熱もない場合があります。ひどい痛みの症状が出来るのは、細菌感染を起こしたときなどです。

 

【しこりない初期症状】
初期の場合には、 乳房全体が腫れることや、 乳房の一部が痛い、赤くなる、熱を持つのが先にあり、しこりないという場合もあります。しこりないから、乳腺炎ではないということでもありません。
しこりない状態の人たちもおり、しこりが起こる場合もあり、更に乳頭に白い塊ができるケースがあり、出来ないケースもあります。

 

スポンサーリンク

 

【痛みってどの程度のもの】
痛い症状が起こる場合もありますが、それはどの程度のものなのでしょうか。
はじまりの段階で起こる可能性のある痛みは、チクチクする感じだったり、痛いというよりも何か違和感があるという感じのものが多いようです。
症状が進んで、赤ちゃんを抱っこしている時など、姿勢を変えたとき、ズキズキした痛みになる場合もあります。

 

【初期症状を見逃すな】
実際に、しこりは、当たり前の症状としてあると考えている人たちが多いようですが、初期の場合、まだしこりが出来ず、なんとなく痛いという場合もあるかもしれません。 まずは、そのような症状でも、乳腺炎かもという閃きが必要なのではないでしょうか。
そのとき、一番の改善方法は、赤ちゃんのに吸ってもらうことなのです。 オッパイに、しこりない、 白斑もないという場合もあります。 しかし乳腺炎?と思ったら、専門家に一度診てもらいましょう。

 

母乳マッサージも効果的と言います。
そのマッサージがただひたすら痛いという人たちもいますが、今後もっと痛くなるかもしれないことを考えると、我慢出来る痛さ程度ではないでしょうか。
まずは兎に角赤ちゃんに吸わせてあげて、大きな効果を期待しましょう。

 

 

スポンサーリンク