乳腺炎 症状 チクチク

乳腺炎のチクチクの症状

スポンサーリンク

乳腺炎とは果たしてどのような症状を言うのでしょうか。
お母さんの中には、赤ちゃんを育てるのははじめての体験という人たちも多いです。
いろいろ多くの不安も抱えるでしょう。
乳腺炎もその一つではないでしょうか。

 

 

乳腺炎とはそもそもなんなのでしょうか。

 

 

 

【乳腺炎について正しく理解する】
まず、乳腺炎が何かということを知ることが大事です。
気付かず症状が悪化してしまうこともありますし、もしかしたら、かもしれない、と思っているものの、そのまま病院へ行かず放置していることもあるのではないでしょうか。

 

 

お母さんがつらい思いをすることは、赤ちゃんにとってもデメリットです。
そのためにも正しい判断が必要なのです。

 

 

【乳腺炎の症状は】
出産を経験したことのある人たちは、授乳中に胸がツーンとした感じになったことはあるのではないでしょうか。
それは、オキシトシン反応という催乳感覚であって、新鮮が母乳が作られている感覚と言います。

 

 

母乳量が多いケースでは、チクチク痛い感じがあるかもしれません。しかし、それは乳腺炎ではありません。
乳腺炎の場合でのチクチクの症状はどのような感じなのでしょうか。

 

スポンサーリンク

 

【チクチクの症状】
実際にそのチクチクの症状は、多くは耐えられない程の痛みということではありません。でも、やっぱりチクチク程度でも病気かもと心配してしまうレベルです。 その症状こそまさに乳腺炎のはじまりなのかもしれません。

 

実際に感じるチクチクの部分は、人によって違うようです。
胸全体・右胸や左胸だけというケースもあり、乳頭部分だけという場合もあります。 ただし背中まで響くような強い痛みが起こる場合も時としてあると言います。

 

 

チクチクの症状が軽いというケースで考えることが出来るのは、乳腺や乳管のつまりはじめです。 このまま放置していれば、ジンジン・ズキズキという痛みに変わって来てしまうかもしれません。

 

 

 

胸全体から背中あたりまで痛いという場合には、母乳の出口である乳口が詰まっている可能性を考えてください。
赤ちゃんの唾液などで細菌が侵入した場合にも、胸に強い痛みを感じます。

 

 

スポンサーリンク