乳腺炎 熱 頭痛 寒気 対処方法 

乳腺炎の熱・頭痛・寒気の対処方法

スポンサーリンク

乳腺炎の熱・頭痛・寒気の対処方法はあるのでしょうか。
そもそも乳腺炎とはどのような症状のことを言うのでしょうか。
そのような症状になると、熱・頭痛・寒気などもあると言います。

 

 

 

【乳腺炎とは… その対処方法】
まだまだお母さんたちは、それが何かということを正しく理解出来てないのではないでしょうか。
乳腺炎というものに対しては更に2つの種類があり、それは「急性うっ滞乳腺炎」と、「化膿性乳腺炎」です。

 

 

「化膿性」は、細菌が入ったことで乳腺が炎症を起こすものであり、乳腺が詰まって炎症を起こしてしまうのが「急性うっ滞」の方です。
お母さんが、赤ちゃんに授乳のときなるのは、「急性うっ滞乳腺炎」の方であり、乳汁が乳管内に留まってしまうから起こってしまうのです。
乳腺を伝ってうまく出て来ることが出来なくなります。

 

原因はといえば、やっぱり赤ちゃんがうまくオッパイを飲んでくれなかったり、片方でしか飲んでくれなかったり、同じ姿勢でしか飲んでくれなかったりという問題から起こってしまうようです。
そして、乳腺炎は、頭痛・寒気などの症状が起こることになります。

 

 

スポンサーリンク

 

【頭が痛い・寒気の対処方法】
熱や頭痛・寒気の問題解決のための対処方法は何かあるのでしょうか。
実際に、乳腺炎は、頭痛とは関係ないと考えてしまいがちですが、高熱が出るサインとして考えることが出来ます。
熱・頭痛・寒気の対処方法は、やっぱり休むモチベーションです。

 

 

更に、原因は赤ちゃんの授乳ということがはっきりしているので、熱・頭痛・寒気の対処方法として、赤ちゃんに一杯オッパイを飲んでもらうことです。
そして、熱・頭痛・寒気がひどいという場合は産婦人科を受診して、鎮痛剤を処方してもらうようにしてください。

 

 

非ピリン系解熱鎮痛薬のアセトアミノフェン、非ステロイド系抗炎症薬であるイブプロフェンならば授乳しているときに飲むことが出来る薬ですが、自己判断も禁物なので、やっぱり一度医師に相談するようにしましょう。

 

 

熱・頭痛・寒気にはストレスも大敵です。
やっぱり大事な対処方法は日々のリラックスです。

 

 

スポンサーリンク