乳腺炎 しこり 場所

乳腺炎 しこりの出来る場所

スポンサーリンク

乳腺炎というものがどのようなものなのか、もう少し詳しくチェックをしていきましょう。 そして、乳腺炎と乳がんの違いも出来れば、明確にしたいものです。

 

【症状は… 取れないしこりの場所】
そもそも乳腺炎とはどのようなものを言うのでしょうか。
その名前である程度想像出来るように、母乳を外へ運ぶ管、つまり乳腺が、炎症を起こしている症状のことを言います。
乳腺炎は、しこりが出来、しこりが悪化すれば、オッパイが岩のように固くなってしまうこともあります。

 

しかし、授乳をしているお母さんの3割近くは、その症状を抱えていると言います。
お母さんにとって、当たり前に起こる症状こそが、乳腺炎と言えそうです。 しこりが出来る場所、それはオッパイです。

 

スポンサーリンク

 

【乳がんかも… どのように区別すればいい?】
同じ場所に取れないしこりが出来るものとして、乳がんもあり、おそらく女性の人たちは、乳がんかもということをすぐに心配しているのではないでしょうか。
乳がんと、乳腺炎の違いはどのようなものなのでしょうか。

 

 

乳がんとは?やっぱり恐れるに値する乳房内にできる悪性腫瘍のことです。
乳がんの場合は、場所は同じという厄介な問題を抱えてますが、その場所をしっかりチェックしてみましょう。

 

乳腺炎のしこりの特徴は、その場所の可動性が多少あるということです。 押したりつまんだりすると動く感じがあります。 弾力性があって、発熱もあるのが、乳腺炎です。一方で、乳がんという場合、その場所を、押しても動かずずっとその場所にとどまるしこりです。
いびつな感じで、ゴロゴロしていた固いというのが、乳がんの特徴として考えることが出来ます。
しかし、実際には、乳腺炎というケースでも、時として、ゴツゴツしていた固いという場合もあります。

 

いかがでしょうか。
やっぱり大事なモチベーションは、疑いがあれば、自己判断に留まらず、一度病院へ行って検査する姿勢ではないでしょうか。
判りづらいからこそ、医師に判断をしてもらいましょう。

 

スポンサーリンク