乳腺炎 熱 下がらない

乳腺炎でセルフケアをしても熱が下がらない時は病院へ行って下さい

スポンサーリンク

母乳は血液を原料に作られ乳腺を通り乳頭から赤ちゃんに運ばれます。
しかし、何らかの原因で乳腺が詰まりしこりができる事があります。
これが乳腺炎です。
乳腺炎は主に二つのタイプがあります。
まず、急性うっ滞性乳腺炎です。
これは乳腺に母乳の脂肪分が詰まる症状です。
主な症状は乳房の痛みやしこり、微熱、乳頭に母乳の詰まりが見える等です。
もう一つは化膿性乳腺炎です。
これは乳腺の細菌感染が原因です。
中には急性うっ滞性乳腺炎が悪化して起こるケースもあります。
主な症状は乳房の激しい痛みや高熱、全身の震え、悪寒や倦怠感、血膿の混ざった母乳が出る等です。
母乳の詰まりは生まれつき乳腺が細い人に多く、断乳中で母乳が供給過剰の状態の人にも良く見られる症状です。
それ以外にもストレスや睡眠不足、乱れた食生活も影響します。
現れる症状は人それぞれですが何日も熱が下がらない人や耐えがたい激痛で入院する人もいます。
軽く考えず、痛みがでたり熱が下がらない時はかかりつけの産婦人科や母乳外来を受診して下さい。

スポンサーリンク

乳腺の詰まりを取り除くには様々な方法があります。
まずは授乳です。
その際に一定の姿勢を保つのでは無く、体勢や角度を変え乳房内の母乳をまんべんなく与えて下さい。
断乳中の人は搾乳機を使用して下さい。
また、産婦人科や助産院で乳腺マッサージを受けるのも効果的です。
セルフで行う時は入浴後の血行が良い状態で行うのがお薦めです。
しかし、力加減や乳頭を傷つけない様に注意して下さい。
一方、マッサージでも対応できない場合は病院で針を使って母乳をぬいてもらう方法もあります。
また、野菜や魚中心の食生活を心掛け、詰まりの原因となる肉類や乳製品といった脂肪分の高い食品は避けて下さい。
一方、乳房が熱を帯びている時はマッサージはしないで下さい。
保冷材をタオルで巻いた物か濡らした清潔なタオルで冷やしてみて下さい。
そして良く経過を観察します。
乳房の熱が下がらない以外に体温が上がってきた、乳房の痛みが出てきり元からあった痛みが強くなった、症状が一度は収まったがまた繰り返す等は重症化するサインの可能性が高いです。
早めに病院へ行き適切な治療を受けて下さい。

スポンサーリンク