脇の下 しこり 押すと痛い

脇の下のしこりを押すと痛いときには

スポンサーリンク

脇の下にしこりを発見することがあります。
脇の下にしこりができるときには、さまざまな原因が考えられるようになっています。
ここで考えられるものとしては、脂肪手のような良性のものや乳がんや悪性リンパ腫というような悪性のものの可能性もあります。
このほかには病原体が進入するという一時的なリンパ節の腫れということが関係していることもあります。
脇の下は人間の体の中でも敏感な場所となっています。
そのなかで体の不調などを感じ取る非常に大切なところとなっています。
ここでしこりを発見するということがありますが、しこりとは皮膚の上から指で触ったときに、何らかの絡まりに触れることができるようになっています。
筋肉や皮下組織が一部分だけ硬くなった状態となっています。
良性腫瘍として考えられるものは脂肪腫となっています。
原因に関してははっきりと解明されていませんが、遺伝的なものが関係していることもあります。
外傷がきっかけで発生することもあります。

スポンサーリンク

具体的にはどのような症状が体に現れるのかというと、1センチメートルから3センチメートルのものが多くなっています。
皮膚の内側で簡単に触ることができるようになっています。
この中で押しても痛みがないという場合には良性腫瘍の可能性があります。
しかし押すと痛いという場合には、悪性腫瘍の可能性があります。
押すと痛いときには、乳がんで別の場所に2センチメートルから5センチメートル程度のしこりがあり、それが脇の下に転移しているという可能性が高くなります。
したがってこの場合には乳房の検診も必ず受けるようにします。
押すと痛いということだけではなく、医師のように硬くてごりごりとしたようなものの場合には、すぐに病院を受診するようにします。
悪性リンパ腫の症状としては、リンパ節の腫れやしこりを感じることがあります。
リンパ節は全身に存在しますが、とくにこの中で多いのが首や脇の下や股の付け根ということになります。
リンパ節炎の場合には発熱を伴うこともあります。

スポンサーリンク