乳腺症 20代 症状 痛み

20代でも乳腺症で胸に痛みなどの症状を感じることがあります

スポンサーリンク

胸にしこりがあり痛みを感じる場合は、乳腺症である可能性が高いです。
しこりがあると乳がんを疑う方も多いですが、乳がんの初期症状はしこりを感じても痛みは感じないことがほとんどです。
その他にも乳房が腫れているような感覚があったり、両脇に圧痛を感じる症状が現れることもあります。
乳腺症は女性ホルモンのバランスが乱れたことによって起きるため、生理前に症状を強く感じます。
生理が終わるとともに痛みも和らいでいくため、病院で診察を受けない方も多いです。
乳腺症自体は良性疾患なので放置していても問題があるものではありませんが、乳がんに進行してしまう可能性がゼロではないことも事実です。
そのため定期的に病院で検査を受けるようにすると、乳がんに進行してしまっても初期で発見できる可能性が高くなります。
乳房は女性にとって大切な体の一部なので、少しでも異常を感じたらすぐに病院で検査を受けるようにすることが大切です。
そうすると例え乳がんと診断されても、乳房を全摘出する手術は受けなくて済む可能性が期待できます。

スポンサーリンク

乳腺症は30代から50代に多く見受けられる症状ですが、20代で発症する方もいます。
生理があればどの女性にも起こり得る症状なので、20代で発症しても特に問題があるわけではありません。
しかし20代だからといってしこりや痛みを感じてもそのままにしていたら、実は乳がんが進行していたという可能性も少なくはありません。
若くても胸に異常を感じたら、病院で検査を受けて診断してもらうことが大事になります。
乳腺症は乳がん検診と同じように、マンモグラフィーとエコー検査を行って診断します。
場合によっては細胞診や乳房生検など、より詳しい検査を行って診断することもあります。
治療についてはあまり痛みがないようであれば、治療は行なわずに経過観察を行います。
しかし痛みがひどくて我慢ができないという場合は、ホルモン療法を行うこともあります。
乳腺症は良性疾患なのであまり気にする必要はありませんが、定期的に病院で検査を受けて症状と上手く付き合っていくことが大切です。

スポンサーリンク