乳癌 しこり 3センチ

乳癌のしこりが3センチの場合には

スポンサーリンク

乳癌という恐ろしい病気があります。
しかし必ずしも完治することができないということではありません。
早期に発見をしてしっかりと治療をすることで、ガン細胞を撲滅させることができます。
細菌では医学の発達によってさまざまな治療法が確立されています。
したがって定期的に検診を受けて病気を予防をすると共に、早期発見をして適切な治療を受けるということも非常に大切となっています。
乳癌であるかどうかを確認する方法として自己診断があります。
これはお風呂に入ったときなどに確認をすることができるようになっていますが、乳房を触れたときにしこりがあるかどうかを確認するという方法です。
しこりを見つけたときに最初はそれほど大きくないのですが、実際に病院を受診して検査を受けた時にしこりが3センチと診断されることがあります。
このように3センチという言葉を耳にするとどうすればいいのかと混乱してしまいます。
しかし乳癌のしこりが3センチであるといっても、種類や症状によって段階が異なっています。

スポンサーリンク

癌の種類や病状によってステージの段階も異なっているので慌てることはありません。
ここでは医師の説明をしっかりと受けることが必要になります。
種類や病状によって治療の内容も異なってきますが、病院では一般的に医師から全摘がすすめられるようになっています。
しかしこれ以外に温存手術という方法もあります。
これは乳癌がある部分だけ切り取るという手術となります。
この場合には術前化学療法が行われるようになっています。
ここでは手術を行う前に抗ガン剤治療が行われるようになっています。
抗ガン剤を使うことで、腫瘍を少しでも小さくするということができます。
この方法が成功すれば、腫瘍を1センチ程度まで小さくすることもできます。
そして温存手術を受けて放射線治療へとすすめられていきます。
化学療法を受けるためには、腫瘍が2センチ以上であることと、ステージ2かステージ3の場合となります。
年齢制限もあり60歳以下の人というようになっています。

スポンサーリンク