乳腺炎 熱 いつまで

乳腺炎の熱はいつまで続くのか

スポンサーリンク

母乳育児を行っている場合によくあるトラブルの中に乳腺炎があります。
この乳腺炎はある日突然発症する病であり、母乳育児を行っている場合には誰にでも発症する可能性のある病です。
乳腺炎は母乳を外へ運ぶ役割をする乳腺が詰まる事で発症します。
乳腺が詰まる原因として、赤ちゃんが母乳を飲み残す事で乳腺に母乳が溜まりっぱなしの状態になる、脂質の多い高カロリーな食事により母乳の質がドロドロの状態となり乳腺が詰まると言った事が考えられます。
そして乳頭にある傷口が細菌による感染症を引き起こす事で発症すると言ったケースもあります。
乳腺炎の初期症状とは胸に触れたり振動を与えると痛みがあり、詰まっている乳腺の部分にはしこりが見られます。
更に症状が進行すると関節痛や悪寒、発熱が見られるようになり立っているのも辛いと言った状況になる事も珍しくありません。
発熱には個人差がありますが、38度を超えると言うケースも多く見られます。

スポンサーリンク

乳腺炎の症状が見られた場合の対処法として効果的なのは、患部を冷やし頻繁に授乳を行う事です。
患部を冷やして痛みを和らげ頻繁に授乳を行い内部に溜まった母乳を外へ出すと言った事が必要となります。
しかし乳腺炎の症状が見られた場合には、まず病院を受診する事が症状を改善する一番の近道となります。
母乳育児を推進する母乳外来を受診すれば、専門の助産師からマッサージ等の治療を行って貰う事が出来ます。
そして熱が高いと言った場合には、薬を使用すれば劇的に症状が改善されます。
無理に自然治癒させようとしてしまえば症状が重症化し手術が必要になる危険性もある為に一度専門医に症状の状態をみてもらう必要が出てくるのです。
病院では母乳に影響のない内服薬を処方して貰う事が出来ますし、内服薬を使用すれば一時的に熱を下げ体への負担を大きく軽減させる事が出来る様になります。
この発熱がいつまで続くのかは個人差がありますが、マッサージや内服薬の使用による治療を行った途端に改善したと言うケースが殆どです。
効果的な対処を行わなければいつまでも熱が下がらないと言った状況に陥る可能性も考えられるのです。
治療を開始すれば翌日には劇的に症状は改善される事が殆どでありいつまでも辛い症状が続くと言う事はまずありません。

スポンサーリンク