乳がん 再発 余命

乳がんの再発と余命について

スポンサーリンク

乳がんは非常に恐ろしい病気となっています。
女性特有の病気となっていますが、早期発見をすることでしっかりとした治療を行うことができます。
しかし検診を受ける人が少ないということもあり、なかなか早期に発見をすることが難しくなっています。
そして気がついて時には手遅れになっているということも少なくありません。
このようなことにならないためにしっかりと乳がん検診を受けるということが大切です。
また日頃から乳房付近を触るというようなセルフチェックをするということが大切です。
乳がんと診断されたときには症状にあわせて治療が行われるようになっています。
ホルモン治療が行われるようになっていますが、この治療に関しては5年が必要となります。
この治療を行っている間に気になるのが再発の可能性や余命に関してです。
乳がんを発症したという人がいますが、再発する確率に関しては全体で約30パーセント程度となっています。
これは非常に高い値となっています。

スポンサーリンク

また手術から再発をするまでの無病期間というものがありますが、この期間は2年から3年というのが多くなっています。
これは再発全体率で見たときに実に約80パーセントとなっています。
したがって乳がんに関しては、再発をする危険性に関しては手術から3年以内というのが一番多くなっています。
5年後に再発する確率に関しては、全体の約19.9パーセントとなっているのです。
しかし10年後に再びガン細胞が発見されるということもあります。
ここで考えられることは、無病期間が長くなってくると、それだけ再びガン細胞が発見された後の余命期間も長いということがわかります。
乳がんが再び発見されたときには、リンパ管を通して転移する場合があります。
このほかには血管を通して転移することもあります。
とくに血管を通して転移するという場合には、ガン細胞が体全体の臓器まで運ばれる可能性が高くなっています。
これは遠隔転移と呼ばれていますが、進行度によって余命の期間が異なっています。

スポンサーリンク