乳腺炎 白斑 針 感染

乳腺炎で白斑が出来た場合針で潰すと感染の危険があります

スポンサーリンク

乳腺炎は産後おっぱいのよく出ている女性がなりやすい病気です。
赤ちゃんの飲み残したおっぱいが乳腺の中でしこりになって、乳腺を詰まらせてしまうのです。
乳腺は細い管なのでとても詰まりやすいです。
乳房が張って熱を持っていたり、乳首にチクチクと痛い感じがあったら乳腺炎を起こしかけているかもしれません。
乳首に水疱やニキビのような白斑ができる場合もあります。
詰まっている乳腺にできます。
白斑ができると普段の乳首の様子とは明らかに異なりますので、お母さん自身が気付き安いでしょう。
白斑があっても、もしその乳腺からおっぱい少しでも出ていたら、どんどん赤ちゃんに吸ってもらいましょう。
乳腺炎の一番の治療は、赤ちゃんに吸ってもらうことです。
飲み残した部分があれば、自分で搾乳しましょう。
白斑がある乳腺から全くおっぱいが出てこない場合は、専門医を受診しましょう。
針で水疱を破ると感染の危険がありますので、やめましょう。
特に滅菌していない一般家庭の針だと、針の先にいる細菌感染原因で急性化膿性乳腺炎を引き起こす危険があります。

スポンサーリンク

急性化膿性乳腺炎は乳首にできた傷から細菌感染が起こることで発症します。
多くは赤ちゃんが吸うときに乳首にできた傷から、赤ちゃんの口内菌が感染がしておこります。
一般のものより症状が激しくで、膿が出ることもあります。
すぐに専門医に診てもらいましょう。
お乳が溜ってうっ滞性になるものは、赤ちゃんによく吸ってもらうのが一番です。
授乳時の抱き方によってよく吸われる乳腺の位置が変わります。
縦抱き、横抱き、交叉抱き、外抱き、いろいろな位置を試してみましょう。
また授乳の後には必ず自分で乳房の硬くなってる部分が残っていないかチェックします。
飲み残した部分があれば、自分で搾乳して、乳房の張りをとっておきましょう。
硬い部分が取れたら、あまり搾乳しすぎないように気をつけます。
搾乳しすぎるとかえっておっぱいの生産量が上がって、張ってしまうことがあります。
乳腺炎は3時間でも劇的に症状が変化していくことがあります。
重症化する危険を減らす為にも、自分で対処してもまだおかしいなと感じたら、すぐに専門医を受診しましょう。

スポンサーリンク