乳腺炎 白斑 取り方

乳腺炎による白斑の取り方

スポンサーリンク

母乳育児を行っている際に、乳頭に突然痛みのある白斑があらわれると言った場合があります。
この白斑は乳腺が詰まっている事を意味しており、乳腺炎の初期症状であるケースが非常に多いのです。
乳頭に白斑が見られた場合にはまず白斑のある乳腺から母乳が出ているか確かめる必要があります。
軽く乳頭をつまみ優しく前後に引っ張る事で母乳に分泌を確認する事ができますが、母乳が出ない、痛みが強いと言った場合にはその後乳腺炎を発症する可能性が高まりますから母乳外来で乳腺の詰まりをマッサージで取り除いて貰う必要性が出てきます。
しかし白斑から母乳が分泌されており、痛みが感じられないと言った場合には自身で対処する事も可能です。
その対処法とは頻繁に授乳を行い詰まっている乳腺を赤ちゃんに吸い出して貰うと言った方法です。
赤ちゃんの母乳を吸い出す際の口の動きは乳腺の詰まりを取るのに非常に適した動きである為に、乳腺炎を発症した際には医師からも頻繁に授乳を行うように指導される事が殆どなのです。

スポンサーリンク

自身で無理に詰まりを取り除こうと針で刺すと言った取り方を行う方もいますが、細菌による感染症を引き起こす原因になる為に絶対に行ってはなりません。
痛みが強く授乳が出来ないと言った場合には、まず母乳外来を受診しマッサージで詰まった乳腺を取り除いて貰う事が必要です。
このマッサージでの詰まりの取り方は、自身で行う事も可能です。
乳頭の根元を親指と人指し指で優しくつまみ親指と人指し指をすり合わせる様にして優しくしごいていきます。
そして軽く引っ張って戻すと言った動きを加える事で白斑が取り除かれると言った場合もあります。
しかしこのマッサージでの取り方にはコツがあり、力を加えすぎる事で更に炎症を悪化させてしまう危険性もありますから、行う際には一度助産師に指導して貰うと良いでしょう。
そして悪寒や関節痛、発熱と言った症状が見られた場合には乳腺炎をすでに乳腺炎を発症している事が考えられます。
この場合には自身で対処しようとはせず早急に母乳外来への相談が必要となります。

スポンサーリンク