乳腺炎 食事 豆乳

乳腺炎の改善に効果的な豆乳や食事について等

スポンサーリンク

乳腺炎とはその名の通りに乳腺に炎症が発生するという疾患で、主に赤ちゃんを育てている最中の母親に発生しやすいとされています。
乳腺とは乳房の中にある組織の一種で、赤ちゃんのために作り出された母乳を運ぶという重要な役割を担っています。
  この乳腺に何等かの理由によって炎症が起きるのが乳腺炎ですが、その原因については大きく2種類に分類する事が出来ます。
まず一つ目の分類が化膿性と呼ばれるタイプで、乳首等から侵入した細菌等が乳腺組織で増殖するというものです。
これは歯が生え始めた赤ちゃんが乳首を噛んだ時に小さな傷が出来て、そこから黄色ブドウ球菌等が侵入する事で発生する事が多いとされています。
 もう一つはうっ滞性と呼ばれるタイプのもので、何等かの理由で乳腺に母乳が詰まってしまうというものになります。
普段から高カロリーな食事をしていたり、母乳の飲み残しがあったりすると発生すると言われています。
 どちらのタイプでも乳房に痛みを感じたりする等の症状が現われるので、早めに対処をするのが望ましいです。

スポンサーリンク

 乳腺炎の対処方法についてですが、これは化膿性タイプとうっ滞性タイプのどちらで起きているのかで異なります。
もしも化膿性タイプの場合には増殖している細菌を退治する必要があるので、速やかに病院を受診して治療を受ける事が大切です。
この場合に病院で行なわれる治療方法としては、原因となっている細菌に有効な抗生剤の投与等が挙げられます。
 もう一つのうっ滞性タイプで乳腺炎が発生している場合には、食事内容等を見直す事で改善する場合があります。
食事内容の具体的な事として脂肪の多い食材は避けて、低カロリーで高タンパクな食材を取り入れるのが理想とされています。
 この条件を満たす食材の代表的なものとして、大豆製品の一つである豆乳が挙げられます。
豆乳に多く含まれているタンパク質にはコレステロールを下げる作用や、血流を改善する効果等があります。
それ以外にも豆乳には女性ホルモンと似た働きをするイソフラボンや、血液中の余分な脂質を取り除くサポニンも豊富に含まれています。
こうした様々な成分が総合的に作用して乳腺炎の改善や予防に力を発揮してくれるので、豆乳は積極的に取り入れたい物だと言えます。

スポンサーリンク