乳腺炎 吐き気 寒気

乳腺炎で吐き気や寒気などの症状が現れることもある

スポンサーリンク

出産後に授乳をしている時にお母さんがなりやすいのが「乳腺炎」です。
乳腺炎とは、2種類に分かれています。
乳腺に母乳が溜まってしまい詰まってしまうことを「急性うっ滞乳腺炎」と言います。
また、細菌やウィルスなどといった菌が乳に入ったことで、炎症することを「化膿性乳腺炎」と言います。
前者の場合は、高カロリーな食べ物を食べているとなりやすいといわれています。
またサイズの合っていないブラジャーなどをし続けていると胸が圧迫され、詰まってしまうこともあります。
後者の場合は、ウィルスや細菌が入ることから寒気や吐き気などといった症状を引き起こすこともあります。
また前者の場合でも、寒気や吐き気などの症状がみられる他、頭痛や倦怠感そして熱などを発症することもあります。
産後の体に負担になってしまうため、このような症状が見られたらすぐに病院へ行って処置してもらうことが大切です。
ただ、赤ちゃんを置いていけない場合などは簡単な応急処置をすることが大切です。

スポンサーリンク

まず、胸が腫れている場合は炎症を起こしている可能性が高いため、冷やしてあげることが大切です。
タオルでくるんだ氷や、冷たい水でさらしたタオルなどで患部を冷やしてあげることが大切です。
しかし、急に冷やすと胸が固くなりさらに症状が悪化することもあるので、様子をみながら冷やすことが大切です。
また一番いい方法は、母乳を絞ることが大切です。
病院などへ行っても、しっかりと母乳を絞る処置を行うところもあります。
ですから、赤ちゃんにどんどん飲んでもらうだけでなく、搾乳機などで絞ると詰まりが解消されたり、しこりが無くなったりします。
吐き気や寒気でどうにもならないという場合は、病院で授乳中でも飲むことができる薬を処方してもらうことが大切です。
漢方薬などは、授乳中でも飲むことができ赤ちゃんに影響がないため良く処方されているようです。
まずは乳腺炎を悪化させないこと、ならないことが大切なので授乳中は食事に気を付けたり、飲み方を工夫させたりすることが大切です。

スポンサーリンク