乳腺炎 冷えピタ 授乳

乳腺炎での授乳に冷えピタが大活躍

スポンサーリンク

母乳育児を行っている際のトラブルとして乳腺炎を発症する方が多く見られます。
この乳腺炎とは乳腺に炎症を引き起こす病であり、原因として食生活の偏りや赤ちゃんの飲み残し、乳頭の傷口からの感染症等が考えられます。
乳腺炎は乳腺が詰まったり内部に母乳を長時間溜めてしまう事で内部の組織に母乳が漏れ出した状態となります。
脂質の多い高カロリーな食事は母乳の質がドロドロの状態になり乳腺を詰まらせます。
そして毎回同じ角度からの授乳を行う事で赤ちゃんが母乳を効率よく吸い上げる事が出来ず内部に母乳を溜めてしまう原因となるのです。
更に乳頭が傷ついている際に授乳を行う際には注意が必要です。
赤ちゃんの口の中に存在する細菌に感染する事で乳腺炎が発症すると言うケースもあるのです。
乳腺炎の症状とは胸の痛み、悪寒、関節痛から始まり発熱を伴います。
そして詰まっている部分の乳腺が炎症を引き起こし、触るとしこりの様にかたくなっているのが確認する事が出来ます。

スポンサーリンク

乳腺炎が発症した場合に発熱が見られますが、時に38度を超える高熱が出ると言った場合も珍しくありません。
この様な場合には症状の重症化を防ぐ為に早急に病院を受診する必要が出てきます。
母乳のトラブルを専門とする母乳外来では助産師によるマッサージで乳腺の詰まりを取り除き、溜まった母乳を外に出すと言った処置を行って貰う事が出来ます。
そして炎症による痛み、高熱を改善させる為に母乳に影響が無いとされる解熱鎮痛剤を処方して貰う事が可能となります。
そして症状を改善させる対処法として一番効果的なのは、頻繁に授乳を行い溜まった母乳を赤ちゃんに吸い出して貰うと言う事です。
そして患部を冷やすと言う事も忘れてはなりません。
患部を冷やす事で母乳の過剰な生産を制御し痛みや炎症を和らげる効果があります。
この際に非常に便利なのが冷えピタです。
冷えピタは痛みのある患部に直接貼り付けて冷やす事が出来る為に授乳の際に邪魔になる事もありません。
冷えピタを冷蔵庫で冷やしたものを患部に貼り付ければ痛みもかなり和らぎます。

スポンサーリンク