乳腺炎 しこり 取り方

乳腺炎の主な症状となっているしこりは正しい取り方を行う事が大切

スポンサーリンク

乳腺炎は乳房にある腺に母乳が溜まったり細菌によって感染を起こす事が原因とされている疾患です。
授乳中の母親の中でも特に初めて授乳をしている人がなりやすいとされています。
また乳腺炎の中でも一番多い症状となっている物がしこりです。
しこりは押すと痛みを伴ったりする事が多く適切な方法で対処をする事が重要です。
現在は雑誌やインターネットでも自分で行える取り方が掲載されていますが、しこりができる原因を知っておく事も大切な事となっています。
乳腺炎となる原因の一つ目は食事の内容です。
脂肪が多い食事やカロリーが高い物を摂取していると乳房の腺がつまりやすくなってしまいます。
一般的に授乳期間は摂取カロリーを増やす事が推奨されているのでバランスの良い食生活をしていく事が大切です。
二つ目は乳房を締め付ける事です。
体の締め付けは血液の流れが滞る可能性が高くなるので、なるべく体を締め付けない物を使用する事が推奨されています。

スポンサーリンク

そして三つ目が赤ちゃんの飲み方と腺の開き方です。
個人差はありますが全ての腺がバランスよく開いていない場合、出方に差がでてしまい母乳の通りが悪い部分程しこりができやすくなると言われています。
赤ちゃんの飲み方に関しては授乳の体制を整えたり、左右のおっぱいをバランスよく飲ませる事がしこりの取り方としては重要な要素となっています。
また赤ちゃんがバランスよく飲まない時は自分で余分な母乳を絞る事も対策として挙げられています。
しかししこりの取り方としては注意点も挙げられています。
それは熱がある場合です。
熱がある時は炎症が起きている可能性が高いので絞ったりせずに冷やす事が推奨されています。
現在は専用の冷却シートなども販売されているので自分の用途に合わせて選択する事もできるようになっています。
乳腺炎は個人で対処する事が可能な疾患とも言われています。
ですからケアを行う時は正しい方法で対処していく事が大切です。

スポンサーリンク