乳腺炎 症状 しこり 対処法

乳腺炎のしこり症状の対処法

スポンサーリンク

あなたは乳腺炎の症状で悩まされたことがありますか?
出産後、赤ちゃんに授乳していて乳房や乳首に痛みを感じたり、熱がある、しこりがある等の症状を伴う場合には乳腺炎になっている可能性があります。
ここではどうして乳腺炎になるのか、探っていきましょう。
乳腺炎の原因と症状
乳腺炎には乳房の乳腺に母乳が溜まって詰まってしまう急性うっ滞性乳腺炎と細菌が乳首などから入って乳腺が炎症を起こす急性化膿性乳腺炎があります。
急性うっ滞性乳腺炎の原因は主に次の通りです。
・赤ちゃんが母乳を飲み残したり、授乳する間隔にばらつきがある。
・赤ちゃんの母乳の飲み方に偏りがある。
・脂肪分が多い食事をしている。
・普段から姿勢が悪く、またきつめのブラジャーをしていて胸部が圧迫されている。
また、急性化膿性乳腺炎の原因は次の通りです。
・乳児が母乳を吸う時に乳頭付近や乳頭に傷がつき、そこから細菌が感染し、炎症を起こす。
・育児で寝不足になり、身体の免疫力が下がるため、乳腺が詰まり、細菌にも感染する。
このような原因で乳腺炎にかかると、次のような症状が表れます。
・38度以上の高熱を出す。
・乳房が服に触れただけで痛みを感じる。

・脇の下から乳房にかけてリンパ節が腫れて、痛みやしこりが現れる。
・乳首の皮膚が剥がれたり、切れている。
・乳房内に膿が溜まる。
・黄色い色を帯びた母乳が出てくる。
このような乳腺炎の症状が現れたら、どのような対処法を実践すればよいのでしょうか?

スポンサーリンク

乳腺炎の対処法
・まず第一に赤ちゃんに母乳を吸ってもらいましょう。
しこりがある方の乳房から授乳し、姿勢や角度を変えながら吸ってもらうようにすると効果的です。
また、母乳の詰まりを悪化させないように、母乳の飲み残しは搾乳するようにしましょう。
・入浴時にぬるま湯に浸かり、乳房マッサージをするようにしましょう。
ポイントしては乳房全体を優しくマッサージすると良いですよ。
また、入浴後に授乳すると更に効果があります。
授乳前後は雑菌が乳首から入りやすいので、常に拭いて清潔にすることも心がけましょう。
・産婦人科や助産院の母乳外来でマッサージしてもらい、自分でも出来るように正しい方法をマスターしましょう。
この母乳外来では乳房のケアの仕方や母乳の飲ませ方についてもコツを教えてもらえます。
・しこりが熱を持っている時には、濡れタオルや冷却ジェルシートなどを当てて冷やすことが大切です。
・乳房に熱や痛み、腫れ、赤み、固いしこりを伴う急性化膿性乳腺炎の疑いがある場合は、入浴やマッサージは避けて病院を直ちに受診しましょう。
抗生物質を処方されたら、授乳を中断して治療する必要も出てきます。
場合によっては、切開して膿を取り出すケースもあります。
詳しいことはかかりつけの医師に訊いてみてください。
・乳腺を詰まらせる食事は避けるようにしましょう。

脂分の多い食べ物や甘い食べ物は避けて、お魚や野菜を多めに摂取するように気をつけていきましょう。
・授乳を辞める時には少しずつ量を減らしていくようにしましょう。
突然断乳すると母乳が余ってしまい、結果として乳腺炎になってしまう場合があります。
また、赤ちゃんの精神面にも悪影響を及ぼす事がありますので少しずつ減らしていくようにしましょう。
大事なことは少しでも乳房に異常を感じたら、病院を受診することです。
早めに対処することで大事に至らずに済むことが出来ます。
このサイトでは、乳腺炎のしこり、熱、痛みなどの症状の対処法について詳しく解説しています。
出産後、乳腺炎になったのではないか、不安や心配に駆られたら、ぜひこのサイトを参考にされてみてくださいね。
どうぞお大事になさってくださいね。

スポンサーリンク